コラム


Swiftエンジニアの仕事内容、フリーランスの場合の案件相場について

2021年04月07日
エンジニアの種類

アプリ開発を行う企業も増えていますが、モバイルアプリ開発分野で需要の高いSwiftエンジニアの採用に困る企業も増えています。

今回の記事では、Swiftエンジニアの採用に関し、業務の種類やメリット、相場などについて紹介します。

Swiftエンジニアに任せられる業務

Swiftはモバイルアプリ開発分野で主に人気がありますが、その他の分野にも活用できます。

Swiftエンジニアにはどのような業務を任せることができるのでしょうか。

自社サービス開発

Swiftはモバイルアプリ開発で利用されることが多いですが、基本的にはさまざまなシステム・サービスの開発に利用できる言語です。

業務効率化のためのツール作成はもちろん、外部向けのポイントサービスやマッチングサービス、認証機能などさまざまなサービスを作るためにも利用できます。

Swiftは主にApple社のiOS環境で動作するサービスの開発で利用されますが、同じApple社が提供している製品などで動作するサービスを作ることもできますし、Webサービスを作ることも可能です。

Swiftは開発効率のよい言語であるため、自社サービスを開発したい場合に、Swiftエンジニアがいれば効率的な開発が期待できます。

モバイルアプリ開発

Swiftが最も活用されるのがモバイルアプリケーションの開発分野です。

Appleのモバイル端末のシェアは高く、日本だけでなく世界中のさまざまな地域で利用されています。

iOSとの相性も良く開発効率もよいため、短期間・高品質の開発が期待できます。

Apple製品のシェアが高まると、それに伴ってアプリ開発のニーズも高まるため、モバイルアプリ開発分野は今後も堅調なニーズがあるでしょう。

システム開発

Swiftはモダンな開発言語になっているため、コードを理解しやすく、保守性にも優れています。

他の言語との相性も良いため、最近は、システムの改修などに利用される場合もあります。

Swiftのようなコンパイル型の言語は、コードを一度コンパイルする必要がありますが、その分動作が高速になるという特徴があります。

そのため、多くのデータを処理する必要があるシステムや、高速なレスポンスが求められるような状況で力を発揮するでしょう。

Webサービスの開発もできるので、クラウドで利用できるシステムの開発などにも利用できます。

ゲーム開発支援

Swiftエンジニアは、ゲーム分野での募集も多いです。

ゲーム開発では数多くの処理を実行しながらも操作性を損なわないことが求められます。

Swiftはその条件に当てはまる言語です。

コードがわかりやすいために保守性にも優れ、スモールスタートで後から機能を追加する形の開発にも対応しやすく、重宝されています。

モバイルゲームのシェアが高まっている中、モバイルシェアの高いiOSと相性がよく、開発効率も高いSwiftを扱えるエンジニアはゲーム開発分野で高いニーズがあります。

優れたSwiftエンジニアの条件

優れたSwiftエンジニアの条件

Swiftは習得のための学習時間が比較的短い言語であるため「Swiftを習得しています」という人はそれなりにいます。

しかし、現場で即戦力になるレベルの人材はそれほど多くないため、優れたSwiftエンジニアを選ぶのであれば、条件を明確に定めておくことが大切です。

iOSアプリの開発経験がある

Swiftによるプログラミングは、他のプログラミング言語と比べて難しくはありません。

基本的な文法や関数の種類などを覚えてしまえば、さまざまな開発を行うことができます。

しかし、優秀なエンジニアを選びたいという場合は、iOSアプリの開発経験の有無を必ず確認しましょう。

アプリ開発ではプログラミングの経験だけでなく、仕様書の読解力やコーディングルールの遵守、要求品質への対応など、さまざまな点が求められます。

経験の有無によって対応力や仕事上の周囲への配慮などの面でも違いが出てきますので、事前に確認しておくとミスマッチやトラブルが少なくなるでしょう。

Swiftのフレームワークに精通している

Swiftエンジニアは、Swiftによるコーディングができるだけではなく、KituraやVapor、React NativeなどのSwiftのフレームワークにも通じていることが求められます。

特に転職する場合や新しい現場に入っていく必要がある場合には、このフレームワークの知識は大切です。

プロジェクトで使うファイルの管理や品質の統一、セキュアプログラミング、開発効率の向上などの目的でフレームワークは利用されています。

現場によって使用しているフレームワークはさまざまですので、複数のフレームワークの利用経験や知識があるエンジニアは重宝されます。

システム設計に詳しい

Swiftエンジニアは、コーディングを専門とする場合もありますが、システム全体の設計やサーバー、ネットワークなどの知識もあることが望ましいです。

プログラミング言語で作られたプログラム単体で動くアプリケーションは少なくなっているため、サーバーやデータベース、ネットワークなどシステム全体を考えることのできるエンジニアが求められます。

また、開発方法やシステムのテストなどの手法にも通じていると、現場のエンジニアとしてだけではなく、開発チームのマネージャーとしてプロジェクト全体で活躍することもできるでしょう。

他のプログラミング言語にも理解がある

SwiftエンジニアはSwiftを扱えることが大前提ですが、他のプログラミング言語も習得していることが望ましいです。

近年のモバイルアプリ開発では、iOS版だけを作るケースは少なく、Android版やWebサービスも作ります。

この場合、Swiftと他の言語との仕様の違いを吸収し、両方をスムーズに変換できるエンジニアがいると開発がスムーズに進みます。

正社員のSwiftエンジニアとフリーランスに依頼する場合の単価相場

Swiftは最近になって使用されるようになった言語ではありますが、歴史が浅いので、他の言語と比べてしまうと、まだ普及は十分でありません。

シェアを拡大している最中なので、この名流れが続き拡大する前に、他の新しい言語にSwiftが淘汰されるリスクなども考えられます。

このため、企業はSwiftエンジニアを正社員として雇うのではなく、フリーランスエンジニアなどをプロジェクト単位で活用することが多くなってきています。

正社員のSwiftエンジニア

Swiftエンジニアは、システムエンジニアです。

システムエンジニアの平均年収は、417万円です。

(※)しかし、Swiftは最新の言語であるため、なかなか習得しているエンジニアは少なく、さらに日本語での学習環境が整っていないため、今後も爆発的にSwiftを扱えるエンジニアが増えるとは想定できません。

このため、正社員として雇用すると、少なくともこれ以上の金額の年収になると想定できます。

※参考:転職サービス「doda」

フリーランスとしてのSwiftエンジニア

フリーランスは自分で生計を立てられる分の案件をもらい、それを実践できる人材なので、ハイスキルであることが特徴です。

当社が紹介しているSwiftを扱う案件の月額報酬の平均は、816,667円(※)です。

Swiftができるエンジニアの需要は非常に高く、高額になっています。

しかし、サービス開発やモバイルアプリ開発はスポットで生じる依頼でもあるため、フリーランスという形態とは非常に相性が良いでしょう。

※HiPro Tech独自調べ

Swiftエンジニアの現在と今後の需給

Swiftエンジニアは現在、順調なモバイルアプリ需要の伸びに伴って需要も高まっています。

既に日本ではスマートフォンが普及しきっており、それによって生まれた様々なニーズに応えるべく、多種多様なアプリ開発が進められています。

ただし、ノーコード開発やローコード開発のような、プログラミング言語の知識がほぼ不要なモバイルアプリ開発ツールが少しずつ増加・高機能化しており、開発需要が変わってくる可能性があります。

このようなツールでは、iOSやAndroidのような主要なモバイルデバイスのOSに対応したアプリを簡単に開発することができるため、普及によって専門のアプリ開発ノウハウや言語が必要であった市場の様子が一変するかもしれません。

また、技術革新によってSwiftの他に便利な言語が登場し、Swiftの需要が変化する可能性も否めません。

Swiftエンジニアの採用や自社育成を考えている場合は、こうした環境変化に注意が必要です。

早めの採用が重要

現在、日本におけるエンジニアはSwiftに限らず、どの分野においても供給不足になっています。

Swiftは、基本的にiOSをターゲットにした開発言語のため、PythonやJava、PHP、Rubyなどの言語と比べると案件数が少ないことは否めません。

そのため、アプリ開発をメインにしているエンジニア以外からはそれほど人気がなく、供給の大幅な伸びは期待できません。

そのため、未経験者を雇用し、社内で少しずつ育成しながら現場で使っていくという企業も多いようです。

また、優秀なエンジニアの中には、案件の自由度や報酬面を考えてフリーランスとして活動する人も出てきており、エンジニアを採用することが難しくなっています。

Swiftエンジニアを確保したい企業は、早めに動く必要があるでしょう。

Swiftエンジニアを探しているならHiPro Techにご相談!

SwiftはiOSやApple製品に対応したモバイルアプリの開発に欠かせない言語です。

また、Webサービスの開発も可能でさまざまな場面で活用でき、開発効率や保守性も高いなど多くのメリットがあります。

しかし、Swiftエンジニアは供給が少ないため、特に経験豊富でスキルの高い人材は希少で単価も高くなる傾向にあります。

Swiftエンジニアの活用を考えているのであれば、フリーランスの活用も検討してみてはいかがでしょうか。

フリーランスITエンジニア専門エージェントHiPro Tech」ではSwiftエンジニアを含む多くのエンジニアが登録されており、専門スタッフが必要なスキルを持ったエンジニアを提案します。

短期間で必要数のエンジニアを確保・活用できて便利です。

ぜひご活用ください。

記事監修
パーソルキャリア株式会社 HiPro Techサービス責任者
荒井 雅人

株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)入社後、 人材紹介事業部にてキャリアアドバイザーおよびリクルーティングアドバイザーを歴任。

その後、経営顧問人材による経営支援サービスのi-common(現:HiPro Biz)立ち上げを行い、2020年よりフリーランスITエンジニア専門エージェント事業のi-common tech(現:HiPro Tech)サービス責任者に着任。

同じカテゴリーのコラム

0120-929-732
受付時間 平日9:00〜18:00まで